薬ごとの違いに注意|フィラリア予防薬の種類を調べよう/ペットに合った医薬品選び

フィラリア予防薬の種類を調べよう/ペットに合った医薬品選び

錠剤のイメージ

薬ごとの違いに注意

白い錠剤の山

個人輸入代行サービスを使ってフィラリア予防薬を注文する場合、気をつけなければいけない点があります。
動物病院からフィラリア予防薬を処方してもらう場合であれば、状況に応じて獣医さんが適切なフィラリア予防薬を処方してくれます。
しかし、個人輸入代行サービスを使ってみなさんが個人でネット注文するとなれば、どの医薬品を注文・投与するかはみなさんの判断次第になってしまうのです。
そのため、個人輸入代行サービスを利用する場合は、まずどんなフィラリア予防薬があるのか。
そしてそれぞれがどんな特徴を持っているのかをきちんと把握しておきましょう。

例えば、フィラリア予防薬として世界的にも有名なハートガードプラス。
日本でもカルドメックという名前で処方されているフィラリア予防薬で、その知名度と効果は文句なしです。
ストロングハートプラスなどのジェネリックも開発されるほどで、多くの飼い主がお世話になっているフィラリア予防薬でもあります。
フィラリアなどの内部寄生虫に対して高い殺虫作用を発揮してはくれるのですが、ノミやダニなどの外部寄生虫には効果を発揮してくれない点に注意しなければいけません。

また、その一方でレボリューションというフィラリア予防薬もあります。
こちらもフィラリア駆除と予防に高い効果を発揮する医薬品なのですが、こちらは内部寄生虫だけに限らず、ノミやダニなどの外部寄生虫にも効果的です。
ハートガードプラスが錠剤タイプの内服薬となっているのに対し、レボリューションはスポットオンタイプの外用薬となっている点も大きな違いになっています。

このように、フィラリア予防薬によっても効果や投与方法はまったく違うため、ペットに最も適した医薬品を選んであげてください。
もし、みなさんの判断ミスで不適切な医薬品を投与し、それが原因でペットに悪影響を与えてしまったとしても、それはみなさんの自己責任になってしまうので注意しましょう。